スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
変化が加速する
自分の話で恐縮ですが、
コーチをつけてから、前向きな展開が明らかに増えました。

独立したいと思った数ヵ月後には、すでに数名のクライアントを抱えていたり、
年間目標を当初の倍の数値で達成したり、
はたまた突然意外なところから仕事の依頼が来たり・・・。

それまで数年に1回起きるかどうかという大きな変化が
1年に何回も起きるのです。
「偶然、幸運を引き寄せる能力」のことをセレンディピティなんて呼んだりしますよね。
まさに、それです。

思うに、
明らかに「思っているだけ」から「思ったことは行動」に体質が変化しているんですね。
最初はコーチに促され、
数年もすると「コーチに話すと、こう質問が返ってくるよな」と
セルフコーチングできるようになり、
今は、「コーチの自分が行動しなくてどうする!」なんて、自分を鼓舞することもあります。

生き急いでいるわけではありません。
人生の味わうべきところはしっかりと味わった上で、
「思っているだけ」でうじうじしたり、何もしない期間が少なくなっているだけ。
(ちなみに、コーチングでも、人生の瞬間をじっくり味わうコーチングがあります。)

同じ寿命で、倍以上の良い出来事が起こるとしたら、
あなたはどうしますか?
スポンサーサイト
[2009/08/11 21:24] | コーチング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
続ける仕組み
このブログのサブタイトルにもあるように
コーチングの醍醐味は
「こうなりたい」「こうありたい」という思いを
行動に落とし込み、実行していくことにあります。

しかし、セッションの最中に「こうしたい」とコーチに語っても
いざ電話を切ってしまうと忘れ去ってしまいがち。
ですから、コーチはクライアントさんに
「これを忘れない仕組みを作って下さい」とリクエストしたりします。
コーチングではこれを「構造化」などと呼んでいます。

構造化にはいろいろありますが、

・紙に書いて目に付く場所に貼っておく
 (行動そのものを文字にしなくても、それを思い起こさせるコラージュでもOK)
・携帯の待ちうけ、PCの壁紙で目に付くようにする
・「○○をやります」と周りの人に宣言する
・それを一緒にする仲間を作る
・自分用ポイントカードを作る

例えば、我が家ではこんなものを作ってみました。

20090724204722.jpg
(夏休み 読んだ本の数)

貼り出すことで「本をたくさん読む」という目標を思い出すことができますし
家族で一緒にやることで、読書仲間ができます。
ちょっと競争心を煽ったりして、子供はやる気マンマンでいたりします。

皆さんも、ぜひ、「行動が続く仕組み作り」をしてみて下さいね。
[2009/07/29 23:49] | コーチング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コーチングの効果(クライアント体験談)
クライアントのOさんが、コーチングの効果についての体験談を寄せてくださいました。
(コーチングを始めて、現在4ヶ月目)

--------------

前は「できていないこと」がなんとなくわかっていても、
日々の生活に追われ、見過ごしてしまったり、
「できない」と決めつけて何もしないでいたり…。

でもコーチングを始めて、
コーチと話すことで
「できていないこと」が「できる」ようになったら
こんなにも毎日が楽しく充実したものになるんだ!
と「先」が具体的に見えるようになりました。

「先」が見えると、やっぱり
「できるようになりたい」と強く感じるようになって、
じゃあ、そのために何をすればいいんだろうって
行動するようになる…好循環。
(もちろんすべてが計画通り行動できるわけではないけど…。)

でも、コーチング中でなく普段の生活の中でも、
「先」を見ること、「できている自分」を想像することを
意識するようになりました。
これは私にとって、ものすごい収穫です!
おかげで「行き当たりばったり」じゃなく「先を見て行動する」ことが
少しずつできるようになったんですから。

--------------

コーチングを始めた頃は、
ご自身の問題を漠然と見ていた印象があったOさんですが、
今は「できていること」「できていないこと」
更に、「本当はこうしたい」というところまで
しっかりご自分の中で焦点が定まっています。

そして、ご自身が大切にしたいと思っているものを
本当に大切にするために
1歩ずつ進まれています。

すべては、Oさんがご自身と真剣に対話する時間を持ち
行動に落とし込んだからこそ。

Oさん、体験談、ありがとうございました。

[2009/06/08 23:05] | コーチング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コーチングは問題解決や目標達成のツールではない
コーチングとは「問題を解決したり、目標を達成するときにするもの」、
そう思っている方はずいぶん多いのではないでしょうか。

私はむしろ
コーチングは「日々の生活の質を上げるもの」だと思っています。

入り口は小さなテーマ(例えば「TOEICで700点を取る」)であっても
そこにはその人が「どうありたいか」、「どう生きていきたいか」という
大きなテーマが見え隠れしています。
そして、コーチはその大きなテーマにぐぐっと焦点を当てていきます。

「この目標が達成されたら・・・」という「いつか」ではなく
今、「ありたい自分」「できている自分」を味わってもらい、
本来の自分、本来持っているエネルギーを感じてもらう。
そして、その充実した人生を生き生きと過ごすために
行動に落とし込むのがコーチングなのです。

そうやって、常に自分の持てる資質を惜しみなく発揮し、成長し続ける・・・
そんな生活を送るためにコーチングはあります。

[2009/05/26 23:12] | コーチング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自分の限界を定めているもの
以前、私がまだコーチになる前、
1人のクライアントとしてコーチングを受けていた時のことです。

ある将来像をテーマに、その日のセッションは行われていました。

自分でテーマを出しておきながら、
「子供が小さいから早く帰宅しなければならない」
「自分には能力も経験も無い」
と散々語った挙句、

「なんだかさっきから出来ない理由ばかり並べていませんか?」
コーチからそう言われてしまいました。

最終的に、「未来の自分が今の自分を見たら何と声をかけますか?」と言われ
私は自分にGOサインを出したのですが
この時に初めて気がついたのです。

自分の限界を定めているもの・・・それは他の誰でもない。「自分」である。

この気づきは私にとってパラダイム(認識)転換でした。
以後、「自分の限界は自分が決める」という信念で現在に至っています。

[2009/05/09 01:37] | コーチング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。